FC2ブログ
暗渠に滴る悦楽と苦悩の雫。 憂いの天使の秘谷に湧く甘露の泉。 存在の罪に震える器官からの分泌物。 魂の最奥の虚に響く水音を閉じ込めた水琴窟。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

肩に寝かせた散弾銃を十字に担ぎ、陽気なベアたんはタバコを噛んでいた。
「暑いな」
そういって口もとを引き締めると、薄く開けた唇の隙間から茶色に染まった唾液を飛ばした。肩から銃を下ろして、銃口を空に向けて構え直し、旋回する鳶の黒い影を狙うふりをした。
「バン!」
微笑みながら光る綿雲を仰ぎ、眩しげに目を細めた。
シャツの襟に、腋に、汗が染みていた。
「そろそろ昼飯が届くだろう。いいぞ、休憩にしよう。沼から上がって手を洗っとけ」
規則の運用には適度な柔軟さが必要だというのが、陽気なベアたんの持論だった。
十分長くおまえらを泥に浸けておいて、それでどうなる──と。
だから、皆が陽気なベアたんを愛していた。
他のヤツラに比べれば、という程度だが。
いざとなれば十二番口径の散弾銃を自分に向けてぶっ放すことを少しも厭わない相手を、人は心から愛したりするもんじゃない。
──俺を除いては。

沼地の作業に当る班は現場に建てられたバラックに押し込められる。
移動の無駄を省くためだ。
泥だらけになる作業にも係わらず、宿所に俺たち用のシャワーはなかった。
移送車が迎えに来てくれるまでの十日間は、乾いた泥でカピカピのままで寝ろということだ。
陽気なベアたんはこの衛生問題においても大いに融通を利かせてくれた。
日に三人ずつに限られたが、専用のシャワー室を開放してくれたのだ。
当然十二番口径の監視つきだが。
その日は俺が最後の三人目だった。
灰色に固まった服を脱いで、裸になった。
陽気なベアたんは俺をいつでも蜂の巣にできる距離で、椅子に腰掛けていた。
できる限り平静を保つように努めながら、コックをひねった。
ぬるい湯が頭上から降り注いだ。
そのときだ。
「おまえ、ちんこでかいな」
突然の予期していなかった言葉に、瞬時に火がついた。
血流がたちまち海綿体に流れ込んだ。
抑えが利かなかった。
理性は消し飛んでいた。
俺はそのまま、陽気なベアたんに向き直った。
陽気なベアたんは黙っていた。
何もいわず、動かなかった。
ゆったりと椅子に背を凭れたまま、ただ真っ直ぐに俺を見ていた。
俺は固くいきり立ったものに右手を添え、動かした。
ゆっくりと、視線を感じながら、緩く、強く、その先端を視線の元に向けて。
無言のまま、陽気なベアたんは立ち上がった。
シャツのボタンを外し、ジーンズのベルトを緩めた。
日に焼けた逞しい胸の筋肉が汗に光っていた。
はち切れそうな上腕の二頭筋に太い血管が浮いていた。
すべてを脱ぎ捨てて、大股で近づいてきた。
湯が茶色い巻き毛を濡らし、その雫が俺の肩に滴った。
ぶ厚い胸に指先で触れ、掌を置いた。
顫える手を滑らせて胸を撫で、縦に割れた腹筋を撫でた。
視野が狭まり、世界がまわっていた。
鼓動が早まり、息が止まりそうだった。
その息を唇が塞いだ。
大きな両手が俺の肩をつかんだ。
崩れ落ちそうになりながら、俺は陽気なベアたんの胸にしがみついた。
腕が背中にまわされた。
力強く抱き締められた。
陽気なベアたんの舌は噛みタバコの味がした。
長い接吻のあとにようやく抱擁が解かれると、俺はそのまま陽気なベアたんの前に跪いた。
目の前には愛しい肉塊が隆々とそそり立って、注ぎ続けるシャワーの湯に濡れていた。
先端に口づけをして、根元まで舌を這わせた。
そうして頬張った。
包みこんだ。
硬い銃身を喉の奥まで銜えて、引鉄に指を掛けた。

それが最初で最後だった。
次の移送で俺は班を外された。
陽気なベアたんに再び会うことはなかった。


 

管理者にだけ表示を許可する
http://raguan.blog79.fc2.com/tb.php/71-6bdf0667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 水琴窟 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。