FC2ブログ
暗渠に滴る悦楽と苦悩の雫。 憂いの天使の秘谷に湧く甘露の泉。 存在の罪に震える器官からの分泌物。 魂の最奥の虚に響く水音を閉じ込めた水琴窟。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

仔馬たちの肉体の
最も不潔な部分の痕跡をさがして
私は春の夜をさまよい歩く

鬱々として
やり場のない
怒りの発作に襲われながら

コートのポケットに右手を突っこんで
脂に曇ったハンマーの柄と
生勃ちの陰茎を交互にさすりながら

乾いた尿の香りに似た
春の夜の匂いに誘われるまま
欲望の発露の陰惨な過程を思い描きながら

朦朧として私はさまよい歩く
仔馬たちの肉体の
最も不潔な部分の痕跡をさがして

沸騰する体液の疼きを抑えきれぬまま
今にも泣き出してしまいそうな
劣情の惨めな虜となって



管理者にだけ表示を許可する
http://raguan.blog79.fc2.com/tb.php/66-03f0f8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 水琴窟 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。