FC2ブログ
暗渠に滴る悦楽と苦悩の雫。 憂いの天使の秘谷に湧く甘露の泉。 存在の罪に震える器官からの分泌物。 魂の最奥の虚に響く水音を閉じ込めた水琴窟。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

どこにも帰り着けない路の途中ですれ違った女性の肩に小さなベアたんが乗っていた。
まばたきをしない女性の肩の上で、ベアたんもまばたきをしなかった。
ケタケタと女性は笑っていて、ベアたんもケタケタと笑っていた。
私もケタケタと笑い返した。

 ケタケタケタケタ ケタケタケタケタ
 ケタケタケタケタ ケタケタケタケタ

笑いながら悲しくなって、おちんちんを二人に見せつけてやった。
女性はケタケタと笑い続けていた。
ベアたんもケタケタと笑い続けていた。


 

女はガラス管の中で標本のように動かなかった。
若い女だった。
脂の乗った白い肌が全身を無表情に覆っていた。
重量感豊かな乳房は左右に分かれてゆったりと弛み、尖端だけを固く縮こませていた。
陰部の発毛は疎らで、陰唇は未発達だった。
魚類の唇に似た膣口にガラス管がねじこまれている様子を下方から観察することができた。
管は女のからだを貫通していた。
脊椎に沿って上体を突き抜けると裂開した頭部から漏斗状に口を開け、そのまま内壁を外壁に転じた裏返しの形で女の全身を足先まで内部に包みこんで、そこから再び下肢の隙間を上って先端を膣へと回帰させる輪環の構造をもっていた。

(女の内部は外へと開かれているのだろうか)

仮に貫通された部位の組織が接触面のガラスと融合、あるいは置換されて管のトーラス面の一部を形成していることがあるならば、そうだといえたろう。だが、実際にはどれほど密着しても組織がガラスと融合することはなく、置換されることもない。女の肉体はやはり閉じられたガラス管のトーラス体内部に厳然と隔離されているのである。


 
 第一回 デメテルの痙攣 ⑤

初村は一個の白い粘土質の塊としてこの世に生を受けた。
まだヒトとしての形は持っていなかった。
初村の母親は俺の女だった。
ある晩、何の前触れもなく苦しみ出したかと思うと、床の上に這いつくばい、やがて粘液にま

みれた白い塊を頭部から分離排出させたのだった。
一見して頭蓋の裂け目から脳が食み出したのかと思えたそれは、当初、肥大した男根のような

曖昧な輪郭を持っていた。
その形を女が憎んだ。
女は塊を引っつかむと、寝室の衣装棚に閉じこもった。
中で何が行われていたのかは知る由もない。
三日が経過し、さすがに心配になって戸を開けてみると、女は息絶えていた。
股座から腹部にかけて肉のほとんどが失われ、そこに塊が蠢いていた。
半端に残されても処分に困るだけだと判断して、そのまま様子を見ることにした。
骨を除くすべての部位を塊は完全に喰い尽くした。
この母親殺しの塊を『初村』と名づけ、粘土を捏ねるようにして大雑把なヒトの形を与えた。
後は勝手に自分で育った。
宵闇に紛れて外に出ると、朝には体重を増やして戻ってきた。
三年も経ないうちに、初村は美しい青年に成長していた。


 
 

実の姉がいるのだと突然聞かされた。
真砂の崖近くのアパートに独居しているのだという。
どうして今まで隠していたのか尋ねたが、母の返事はハッキリしなかった。
不思議な懐かしさがこみ上げてきた。
詳しい住所を聞き出して、会いにいった。
 
姉は卓袱台の向こうに座っていた。
太った若い女だった。
目はそこに開いた二つの穴ぼこのように無表情で、半開きの唇が赤かった。
「姉さん、はじめまして。弟の菜沖です」
挨拶をしてみたが、返事はなかった。
あとは黙って過ごした。
二時間、三時間、姉は置き物のようにじっと動かなかった。
長く風呂に入っていないのだろう、姉の体は酸っぱい臭いをさせていた。
ブラウスの襟は褐色に垢じみて、だらしなく膝を崩したスカートの奥に、白い下着がこれでもかと汚れているのが見えた。
その不潔さに劣情を抑えきれなくなった。
抱き寄せてみた。
拒む様子がなかったので、口を吸い、胸を揉んだ。姉はブラジャーをつけていなかった。
黙っていればいいのだと自分に理屈をつけた。
どうせ二度と会うこともない姉弟ではないか、と。
ブラウスの裾を引っ張り出し、手を差し入れた。カサカサに乾いた膚の手触りがあった。たっぷりと脂肪を蓄えた弛みきった腹の肉には、そのままそこに呑まれていきそうな不気味な底無し沼のような質感があった。
空いた右手で内股をまさぐった。
姉は相変わらず無表情のまま、半開きの唇を涎で濡らしていた。
下着を脱がせ、薄い毛叢を撫でた。指を溝に滑らせた。その指が後ろまで届いたとき、姉が初めて反応を示した。
口を真一文字に閉ざして、低く唸った。
牝牛が喉の奥で鳴くような声だった。
笑っているのだと気づいた。
名も知らない姉は私の手を押さえ、それをどことも知れない深い底へと導いていった。


 

火を吐きながら山の斜面を這い登っていく群れを、どうしてベアたんだと思ったのだろう。 
俺は服を脱ぎ捨て、裸になって、斜面を駆け上って先回りし、群れの前に大の字になって身を投げ出した。
一物が痛いぐらいに充血し、勃起していた。
先頭の一匹が足を止め、それをじっと見つめていた。
体長二メートルを越える大きな個体だ。
群れのボスだと思われた。
ボスは長い舌を二度三度チロチロと伸ばして、そそり立つものの様子を確かめた。
そうして刺激されるとますます血液が送り込まれ、自分でも覚えがないほどの大きさにそれは膨らんでみせた。
──ひょっとしたらパクンと咥えられてしまうのだろうか
恐怖と期待の入り混じった感情で胸がはち切れそうだった。
群れをベアたんだと俺は信じていた。
ボスが一歩近づいた。
それを咥えた。
少しざらついた口腔内のねっとりとした粘膜と舌の動きに包まれ、喩えようもない快感の衝撃波が股間から押し寄せてきた。
たちまち俺は上りつめた。
精の噴出とそれが喰いちぎられたのはどちらが先っだったのだろう。
血と精を噴き上げながら、俺は火山の新しい火口になった。
噴出す溶岩に群れを呑みこみ、赤熱した礫を麓まで飛ばした。


Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 水琴窟 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。